2010年10月07日

Re: リチャード・ドーキンス博士への質問のメール 日本語

ドーキンス博士にお送りしたメールは、だいたい以下のような内容です。


> Dear Prof. Richard Dawkins,
>
> I have read your book titled 'The Selfish Gene'.
> It was very interesting and I have learned many things.
> I do, however, have some questions.
>
> I would really appreciate it if you answered the following questions.

リチャード・ドーキンス博士

私は博士のお書きになった「利己的遺伝子」を拝読させていただきました。
とても面白く、多くのことを学ぶことができました。
しかし、いくつか質問したいことがございます。

もしお答えいただけましたら、幸いでございます。


> 1. On page 15, you mention the birth of the replicator.
>
> The problem here is that not only affinity adsorption but also breakdown
> is necessary to create copies.
>
> The replicator cannot be constructed unless these 2 events occur in
> sequence.

15ページに、自己複製子のことが書かれています。

ここでの問題は、親和性による吸着だけでなく分解もなければ、
コピーは作れないということです。

自己複製子はこの2つが順番に起こらなければ構成できません。

>
> If each building block only has the property of affinity, it would only be
> able to adsorb another building block but not break it down.
>
> Because they are molecularly stable, the blocks will permanently exist in
> this attached state.

それぞれの構成要素が親和性だけしか持ち合わせていなければ、
他の構成要素を吸着するだけで、分解はしないでしょう。

これは分子的に安定なので、吸着した構成要素はずっとそのままの状態でしょう。

>
> Therefore, I think that there is a discrepancy in your explanation
> regarding the existence of only an affinity property.
>
> Further, I think that the existence of the replicator requires the
> simultaneous existence of the Splitter which splits
> them into the state that they existed
> in prior to adsorption.
>
> What are your views in this regard?

それゆえ、親和性についてしか言及していない博士の説明には矛盾がある
と思います。

さらに、自己複製子が存在するためには、
吸着する前の存在状態に戻す分割子が
同時に必要だと思います。

これについて、どう思われますか?


> 2. On page 19, you mention that
> 'Other replicators perhaps discovered how to protect themselves, either
> chemically or by building a physical wall of protein around themselves.
> This may have been how the first living cells appeared'.
>
> Considering that only the chemical reaction occurs, the following
> statement holds true.
> 'The first survival machines probably consisted of nothing more than
> a protective coat'.


19ページに、先生は、
「おそらくある自己複製子は、
化学的手段を講じるか、あるいは身のまわりにタンパク質の物理的な壁を
もうけるかして、身をまもる術を編みだした。
こうして最初の生きた細胞が出現したのではなかろうか。」
とおっしゃっています。

化学反応しか起こらなかったことを考えると、
「最初の生存機械は、おそらく保護用の外被の域を出なかったであろう。」
という内容は正しいと思われます。

>
> However, the presence of a protective coat would require extracellular
> interaction, and it would be impossible for replicators to replicate and
> multiply.
>
> In the existing cell model, the cell membrane is closely associated with
> the intracellular functioning of the cell.

しかしながら、保護用の外被の存在は、細胞外との相互作用を必要とし、
自己複製子の複製・増殖を不可能とします。

現存する細胞の細胞膜は、細胞内部の機能と密接に結びついております。

>
> Without these functions, the protective coat would result in the death of
> the replicators, and the evolution process would have been terminated.
>
> Therefore, from a scientific point of view it is clearly impossible for a
> structure like a cell, to form only as a result of a chemical reaction,
> as you say.
>
> What are your views in this regard?

もしこれらの機能がなければ、保護用の外被の存在は自己複製子の死を意味し、
進化の過程はここで止まってしまうことでしょう。

それゆえ、科学的見地からは、先生がおっしゃっているように、
化学反応だけから細胞のようなものが出来るということは、
明らかに不可能です。

これに関してどのようにお考えになりますか?


> 3. On page 21 it is mentioned that
> 'The original replicators may have been a related kind of molecule to DNA,
> or they may have been totally different. In the latter case we might say
> that their survival machines must have been seized at a later stage by DNA'.
>
> I do not quite understand the sudden association with DNA in the present
> context.
>
> Please can you clarify this?

21ページには、
「最初の自己複製子はDNAに類縁の近い分子であったかもしれないし、
まったく異なるものであったかもしれない。もし異なるものであったとすれば、
彼らの生存機械は、時代がたってからDNAによって乗っ取られたのでは
ないかと思われる。」
と書かれています。

しかし、私には、DNAとの関連がここで突然出てきたのでまったく理解できません。


ここのところは明確に出来ますでしょうか。


> 4. On page 23 you mention that 'This brings me to the second important
> thing DNA does. It indirectly supervises the manufacture of a different
> kind of molecule-protein'.
>
> Further, you add that 'Making proteins may seem a far cry from making a
> body, but it is the first small step in that direction'.
>
> I think that there is a large gap in this logic because synthesizing
> foreign object, e.g. protein, does not contribute to replication directly.


23ページで、先生は、
「ここで、DNAのおこなっている第二の重要なことへ話が移る。DNA
は別の種類の分子であるタンパク質の製造を間接的に支配している。」
とおっしゃっています。

さらに、
「タンパク質をつくることは、体をつくることとはひどくかけ離れているように
思われようが、その方向への小さな第一歩なのである。」
と付け加えておられます。

タンパク質という異物を合成することは自己複製に直接貢献しませんので、
ここには非常に大きな論理的ギャップがあると思います。



>
> At the very beginning, when proteins were first synthesized, the replication
> efficiency may have decreased; therefore, the DNA that was responsible
> for synthesizing these proteins may have been destroyed.
>
> Therefore, it is practically impossible for DNA to synthesize proteins.
>
> What is your opinion on this?

タンパク質が合成されるようになった当初から、
それは自己複製の効率を下げますから、
タンパク質合成に関わったDNAは淘汰されてしまったと考えられます。

したがって、DNAがタンパク質を合成するというのは実質的に不可能
だと思われますが、いかがでしょうか?


> 5. On page 23 you say
> 'The DNA instructions have been assembled by natural selection'.
>
> However, this statement is misleading because natural selection cannot be
> used as an argument unless reference is being made to the development of
> the manufacture of bodies.

23ページで先生は、
「DNAの指令は自然淘汰によって組立てられてきたのである。」
とおっしゃっていますが、

これには語弊があります。

なぜなら、体を作り上げることがどうやって出来たのかを言わなければ、
自然淘汰は言えないからです。

>
> On page 24 you say
> 'Now, natural selection favours replicators that are good at building
> survival machines, genes that are skilled in the art of controlling
> embryonic development'.
>
> Further, you say that 'The same old
> processes of automatic selection between rival molecules by reason
> of their longevity, fecundity, and copying-fidelity, still go on as
> blindly and as inevitably as they did in the far-off days'.

24ページで先生は、
「今では、自然淘汰は生存機械をつくることのうまい自己複製子に、
つまり、胚発生を制御する術にたけた遺伝子に有利にはたらく。」
とおっしゃり、
さらに、
「寿命の長さ、多産性、複製の忠実度によるライバル分子間の自動的
淘汰という同じく古いプロセスは、
今なお遠い昔と同様に盲目的に避けがたく続いている。」
とおっしゃっています。

>
> How do longevity, fecundity, and copying-fidelity lead to the evolution of
> genes involved in the control of embryonic development?
>
> The characteristics of longevity, fecundity, and copying-fidelity are
> totally unrelated to the control of embryonic development.
>
> Therefore, controlling embryonic development cannot be explained by
> natural selection.
>
> What is your opinion on this matter?

しかしながら、寿命の長さ、多産性、複製の忠実度がどうして胚発生を制御する
ように遺伝子を進化させたでしょうか?

寿命の長さ、多産性、複製の忠実度という特性は、
胚発生の制御とはまったく関係がありません。

よって、自然淘汰で胚発生の制御を説明することは出来ません。

この点についてはどのように思われますでしょうか?


> 6. On page 69 you mention the evolutionarily stable strategy.
>
> Here, I think we have to pay attention to the fact that 'A "strategy" is a
> pre-programmed behavioural policy'.
> (p.69)
>
> All of the examples of strategy written in this book are 'pre-programmed'.
>
> On the basis of the definition of 'pre-programmed', I cannot but say that
> the strategies had been devised before the process of natural selection
> began.
>
> What are your views on this?

69ページで、先生は、進化的に安定な戦略についておっしゃっています。

ここで、注目しなければならないと思うことは、
戦略は前もってプログラムされている、
ということです。

この本に書かれている戦略の例は、みな、「前もってプログラム」されています。

「前もってプログラムされている」という意味に基づいて考えてみれば、
戦略は、自然淘汰が始まる前に作り上げられていた、
と言わざるを得ないのではないでしょうか?

この点についてどうお考えになるでしょうか?



posted by pocs at 15:58| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

リチャード・ドーキンス博士に質問のメールをお送りいたしました

リチャード・ドーキンス博士に質問のメールをお送りいたしました。


差出人 ********* M*****
宛先 richard.dawkins@oum.ox.ac.**
日付 2008/06/10 18:28
件名 I have some questions about ‘The Selfish Gene’.


Dear Prof. Richard Dawkins,

I have read your book titled 'The Selfish Gene'.
It was very interesting and I have learned many things.
I do, however, have some questions.

I would really appreciate it if you answered the following questions.


1. On page 15, you mention the birth of the replicator.

The problem here is that not only affinity adsorption but also breakdown is necessary to create copies.

The replicator cannot be constructed unless these 2 events occur in sequence.

If each building block only has the property of affinity, it would only be able to adsorb another building block but not break it down.

Because they are molecularly stable, the blocks will permanently exist in this attached state.

Therefore, I think that there is a discrepancy in your explanation regarding the existence of only an affinity property.

Further, I think that the existence of the replicator requires the simultaneous existence of the Splitter which splits them into the state that they existed in prior to adsorption.

What are your views in this regard?


2. On page 19, you mention that
'Other replicators perhaps discovered how to protect themselves, either chemically or by building a physical wall of protein around themselves.
This may have been how the first living cells appeared'.

Considering that only the chemical reaction occurs, the following statement holds true.
'The first survival machines probably consisted of nothing more than a protective coat'.

However, the presence of a protective coat would require extracellular interaction, and it would be impossible for replicators to replicate and multiply.

In the existing cell model, the cell membrane is closely associated with the intracellular functioning of the cell.

Without these functions, the protective coat would result in the death of the replicators, and the evolution process would have been terminated.

Therefore, from a scientific point of view it is clearly impossible for a structure like a cell, to form only as a result of a chemical reaction, as you say.

What are your views in this regard?



3. On page 21 it is mentioned that
'The original replicators may have been a related kind of molecule to DNA, or they may have been totally different. In the latter case we might say that their survival machines must have been seized at a later stage by DNA'.

I do not quite understand the sudden association with DNA in the present context.

Please can you clarify this?


4. On page 23 you mention that 'This brings me to the second important thing DNA does. It indirectly supervises the manufacture of a different kind of molecule-protein'.

Further, you add that 'Making proteins may seem a far cry from making a body, but it is the first small step in that direction'.

I think that there is a large gap in this logic because synthesizing foreign object, e.g. protein, does not contribute to replication directly.

At the very beginning, when proteins were first synthesized, the replication efficiency may have decreased; therefore, the DNA that was responsible for synthesizing these proteins may have been destroyed.

Therefore, it is practically impossible for DNA to synthesize proteins.

What is your opinion on this?


5. On page 23 you say
'The DNA instructions have been assembled by natural selection'.

However, this statement is misleading because natural selection cannot be used as an argument unless reference is being made to the development of the manufacture of bodies.

On page 24 you say
'Now, natural selection favours replicators that are good at building survival machines, genes that are skilled in the art of controlling embryonic development'.

Further, you say that 'The same old processes of automatic selection between rival molecules by reason of their longevity, fecundity, and copying-fidelity, still go on as blindly and as inevitably as they did in the far-off days'.

How do longevity, fecundity, and copying-fidelity lead to the evolution of genes involved in the control of embryonic development?

The characteristics of longevity, fecundity, and copying-fidelity are totally unrelated to the control of embryonic development.

Therefore, controlling embryonic development cannot be explained by natural selection.

What is your opinion on this matter?



6. On page 69 you mention the evolutionarily stable strategy.

Here, I think we have to pay attention to the fact that 'A "strategy" is a pre-programmed behavioural policy'.
(p.69)

All of the examples of strategy written in this book are 'pre-programmed'.

On the basis of the definition of 'pre-programmed', I cannot but say that the strategies had been devised before the process of natural selection began.

What are your views on this?


Yours Sincerely,



posted by pocs at 09:22| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

Re:生物の雌雄は最初から、「雌が先」覆す発見

これは、生物の二性性相を示すすごい発見ですね。
良い記事を見つけてくださりありがとうございます。

また、性相の問題についてO先生の「ダーウィニズムを超えて」の第四章の「心と脳に関する新しい見解」に面白い内容がたくさんありますね。
https://book.kogensha.jp/ps/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1550

大脳生理学者のエックルスの見解は非常に面白いですね。
「唯物論者の考えでは独自性の経験を説明できないので、私は自己あるいは魂の独自性を超自然的な創造に帰することを余儀なくされる。」
「神の創造を必要とするのは独自の個性の中核の確実さである。それ以外の説明、例えば途方もなく当てはまらない宝くじの性質をもつ遺伝的独自性も、人の独自性を決定するものでなく、単に修飾するだけの環境による分化も説明の任に堪えない。」

O先生のまとめた内容のさらにポイント部分を列記すれば、心と脳の問題において性相と形状の二性性相を主張することが適切であり、その根本に絶対者たる神様を主張することの妥当性をより分かりやすく説明可能かもしれません。



posted by pocs at 11:48| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

生物の雌雄は最初から、「雌が先」覆す発見

読売新聞に、「生物の雌雄は最初から、「雌が先」覆す発見」と題して、生物の雌雄は最初からあったという記事が載っていました。
(2010年4月18日00時07分 YOMIURI ONLINE)

雄は進化の過程で生まれたとするこれまでの仮説を否定し、最初から雌雄が存在したことを立証したものです。

二性性相の相対的関係を実証するものとして注目されますね。

ごく初期の生物で、すでに雄と雌それぞれに特有の遺伝子が複数存在していたことを、東大の野崎久義先生を中心とする研究グループが突き止めたそうです。


ゲノム解読がはじめて明かすメスとオスへの進化 - プレスリリース - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2010/16.html

「メスは単なる性の原型ではなく、メスへの進化には、メスらしさをもたらす遺伝子群の新たなる獲得が必要であったことが示唆される。」

「同型配偶からメスとオスの性をもつ卵生殖に至る進化の根本原因が両性で特異的な遺伝子群を新たに獲得したことを初めて明らかにした。」

「このことは雌雄の性に関する根本的な概念に影響し、生物学のみならず、様々な学問分野に大きく浸透するものと思われる。」



posted by pocs at 11:33| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

Re:Re:Re: 利己的な遺伝子 進化論の間違った説明

> 結局、デザインが生まれる理由は「THE BLIND WATCHMAKER」のアバウトな説明になるのだと思いますが、
> http://www.amazon.co.jp/dp/4152078111/
>
> あの説明は外的なデザインなら偶然に一つや二つできるかも・・という錯覚を起こさせるぐらいで、まして機能や目的性が生じるなどということはとっても言えない科学には程遠い比喩的?説明ですね。
>
> 同時には通常なりたたないいくつかの問題がどうしてもでてくるでしょう。
> それを超えるには創造的な四位基台構造を考えなければ不可能であり、そういう発想を持たない限り一歩も進めないと思います。


ブラインド・ウォッチメイカーの論述は、
いいところまで行っているけれど決定打に欠ける、
という感じですね。

なので、それっぽく見える、
なんだかそうかもしれないという気にさせる、
というところまでしか行きません。

結局、不可能なことをあたかも可能なように
オブラートに包んでいるだけに過ぎません。



posted by pocs at 08:47| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

Re:Re: 利己的な遺伝子 血縁淘汰説

> 利他的な遺伝子があれば、その遺伝子頻度は増えるだろう、と言っているにすぎないわけです。


補足しますと、
利他的にふるまう遺伝子の存在が先にあるということです。

しかも、その遺伝子は利他行動を受ける側の個体にもあるのでなければ、このハミルトンの法則は成り立ちません。

したがって、この遺伝子が最初に広がっているわけですから、他の個体の淘汰は関係ありません。

すなわち、自然淘汰とは無縁のものであり、また、自分が繁栄することなど考えてもおらず、自動的に繁栄していくわけですから、

血縁淘汰説の意味するところの遺伝子は、まさに、「情けは人の為ならず」のことわざ通りの「為に生きる遺伝子」だと言えると思います。


血縁選択説 - Wikipedia



posted by pocs at 06:13| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

Re: 利己的な遺伝子 血縁淘汰説

「利己的な遺伝子」
http://www.amazon.co.jp/dp/4314010037/

の、6章「遺伝子道」には、血縁淘汰について書かれています。

血縁淘汰説は、働き蜂に見られるような利他的な性質を説明するために、提唱されたそうです。

しかし、ドーキンス博士の以下の文章を読んでみて、気がつくことがあります。

「では、アルビノの人どうしはとくに親切にしあっていると考えてよいのだろうか?
実際にはおそらく答えは否であろう。
その理由を知るために、遺伝子を意識的存在とした比喩を一時捨てなければならない。
この文脈ではそれは明らかに誤解を招くからである。
少々冗長かもしれないが、まともなことばにいいかえねばなるまい。
アルビノ遺伝子は実際に生き続けたいとか、他のアルビノ遺伝子を助けたいとか思うわけではない。

だが、アルビノ遺伝子がたまたまその体に、他のアルビノに対して利他的にふるまうようにさせたとしたら、結果として、いやでも自動的に、遺伝子プール内で数がふえてゆくようになるはずである。」
p.129-p.130

すなわち、利他的な遺伝子がどうして出現したのかとか、
さらに進んで、どうして利他的にふるまうのか、
を進化的に説明したわけではないということです。

利他的な遺伝子があれば、その遺伝子頻度は増えるだろう、と言っているにすぎないわけです。


ですから、

血縁淘汰説/虫の雑学 (社)農林水産技術情報協会

にあるような、

「仲間のほかの個体のことなどはどうでもよく、要はそうした仲間を蹴落としても自分自身の遺伝子さえ残せればいいというわけである。」

などという捉えかたは、まったく間違っているということです。


血縁選択説 - Wikipedia



posted by pocs at 06:23| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

Re: 利己的な遺伝子 進化的に安定な戦略(ESS)はあらかじめプログラムされている(3)

[9月25日]続き

p.90には、
「遺伝子はマスター・プログラマーであり、
自分の生命のためにプログラムを組む。
遺伝子は、自分の生存機械が生涯に出遭うあらゆる危険を処理するにさいしての、そのプログラムの成功不成功によって裁かれる。
その判事は生存という法廷の情容赦のない判事である。」 

とありますが、
プログラムを組むには自然淘汰によらない一定の期間が必要であり、
成功不成功によって裁かれ、結果としてプログラムが改良されていくのは、プログラムが動き出した後だということです。


ここで、タカ派の個体もハト派の個体も、あらかじめプログラムされた個体だということです。

あらかじめプログラムされてタカ派として動作する個体とハト派として動作する個体がなければ、ESSシミュレーションも不可能だと言えます。

すなわち、ESSの論理で、タカ派やハト派に進化するのではない、ということです。

プログラムは状況によって遺伝子配列をタカ派個体にしたりハト派個体にしたりすることが出来ると考えられると言っても過言ではないと思います。

それが、あたかも、ESSが展開されているように見えるということです。


以下、利己的な遺伝子p.101-p.103より抜粋

「メイナード=スミスが提唱している重要な概念は、進化的に安定な戦略(ESS;evolutionarily stable strategy)とよばれるもので、もとをたどればW・D・ハミルトンとR・H・マッカーサーの着想である。

「戦略」というのは、あらかじめプログラムされている行動方針である。

戦略の一例をあげよう。
「相手を攻撃しろ、彼が逃げたら追いかけろ、応酬してきたら逃げるのだ!」

理解してもらいたいのは、この戦略を個体が意識的に用いていると考えているのではないということである。
われわれは動物を、筋肉の制御についてあらかじめプログラムされたコンピュータをもつロボット生存機械だ、と考えてきたことを思いだしてほしい。

この戦略を一組の単純な命令としてことばであらわすことは、これについて考えていくうえでは便利な方法である。

あるはっきりとわからぬメカニズムによって、動物はあたかもこれらの命令にしたがっているかのようにふるまうのだ。

進化的に安定な戦略すなわちESSは、個体群の大部分のメンバーがそれを採用すると、別の代替戦略によってとってかわられることのない戦略だと定義できる。
それは微妙でかつ重要な概念である。
別の言い方をすれば、個体にとって最善の戦略は、個体群の大部分がおこなっていることによって決まるということになる。

個体群の残りの部分は、それぞれ自分の成功を最大にしようとしている個体で成りたっているので、残っていくのは、いったん進化したらどんな異常個体によっても改善できないような戦略だけである。

環境になにか大きな変化がおこると、短いながら、進化的に不安定な期間が生じ、おそらく個体群内に変動がみられることさえある。
しかし、いったんESSに到達すれば、それがそのまま残る。
淘汰はこの戦略からはずれたものを罰するであろう。

この概念を攻撃にあてはめるために、
メイナードースミスの一番単純な仮定的例の一つを考察してみよう。

ある種のある個体群には、タカ派型とハト派型とよばれる二種類の戦略しかないものとしよう。
(この名は世間の慣例的用法にしたがっただけで、この名を提供している鳥の習性とはなんの関係もない。じつは、ハトはかなり攻撃的な鳥なのである。)

われわれの仮定的個体群の個体はすべてタカ派かハト派のどちらかに属するものとする。

タカ派の個体はつねにできるかぎり激しく際限なく戦い、ひどく傷ついたときしかひきさがらない。ハト派の個体はただ、もったいぶった、規定どおりのやり方でおどしをかけるだけで、だれをも傷つけない。
タカ派の個体とハト派の個体が戦うと、ハト派は一目散に逃げるので、けがをすることはない。
タカ派の個体どうしが戦うと、彼らは、片方が大けがをするか死ぬかするまで戦いつづける。
ハト派とハト派がであった場合は、どちらもけがをすることはない。彼らは長い間互いにポーズをとりつづけ、ついにはどちらかがあきるか、これ以上気にするのはよそうと決心するかして、やめることになる。

当面のところ、ある個体は特定のライバルがタカ派であるかハト派であるかを前もって知る手だてはないものと仮定しておこう。
彼はライバルと戦ってみてはじめてそれを知るだけで、手がかりとなるような、特定の個体との過去の戦いはおぼえていないものとする。

さて、まったく任意の約束事として、戦う両者に「得点」をつけることにする。
たとえば、勝者には五〇点、敗者には○点、重傷者にはマイナス一〇〇点、長い戦いによる時間の浪費にマイナス一〇点というぐあいである。
これらの得点は、遺伝子の生存という通貨に直接換算できるものと考えてよい。
高い得点を得ている個体、つまり高い平均「得点」をうけている個体は、遺伝子プール内に多数の遺伝子を残す個体である。
この実際の数値はかなり広い範囲内でどのようにとっても分析にさしつかえない性質のものであるが、われわれがこの問題を考えるうえでは役に立つ。

重要なのは、タカ派がハト派と戦ったときハト派に勝つかどうかが問題なのではないという点である。
その答えはすでにわかっている。いつでもタカ派が勝つに決まっている。
われわれが知りたいのは、タカ派型とハト派型のどちらが進化的に安定な戦略(ESS)なのかどうかということである。
もし片方がESSで他方がそうでないのであれば、ESSであるほうが進化すると考えねばならない。
二つのESSがあることも理論的にはありうる。

もし、個体群の大勢を占める戦略がたまたまタカ派型であろうとハト派型であろうと、ある個体にとって最善の戦略は先例にならうということであったなら、このことがいえる。この場合、個体群は二つの安定状態のどちらでもよいから、たまたま先に到達したほうに固執することになろう。
しかし、次に述べるように、じつは、タカ派とハト派という二つの戦略はどちらもそれ自体では、進化的に安定ではない。
したがって、どちらかが進化すると期待するわけにはいかない。
このことを示すには、平均得点を計算しなければならない。」



posted by pocs at 06:54| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

Re: 利己的な遺伝子 進化的に安定な戦略(ESS)はあらかじめプログラムされている(2)

[9月23日]続き

プログラムが完成するまでの過程がESSの前に出てきます。

「遺伝子もまた、直接自らの指であやつり人形の糸を操るのではなく、コンピュータのプログラム作成者のように間接的に自らの生存機械の行動を制御している。
彼らにできることは、あらかじめ生存機械の体勢を組み立てることである。
その後は、生存機械が独立して歩きはじめ、遺伝子はその中でただおとなしくしていることができる。」 
利己的な遺伝子 p.75-p.76)

これによりますと、
「生存機械が歩き始める前に遺伝子はあらかじめ生存機械の体勢を組み立てなければならない」
ということです。

しかし、自然淘汰説に基づいて考えた場合、こういうことは可能でしょうか?

遺伝子の進化は突然変異と自然淘汰によって可能なのでした。
自然淘汰が起こるには、よりうまく「動かなければ」なりません。
それは、プログラムが動作した後に初めて出来る話です。

プログラムが動作するまでは、プログラマーが苦心してプログラムを完成させなければならないのは当然のことです。
この間、プログラムは動作しません。
ひたすらプログラマーが苦労するだけの期間があります。

これを考えますと、生存機械が動くように遺伝子配列が整えられるのは、自然淘汰が始まる前ということになります。

すなわち、自然淘汰説では、ドーキンス博士がおっしゃっているようなことは不可能です。

そして、プログラムがあらかじめ動作できるようになっているのは、相対的授受相関対応関係が先にあるからだと言うことができます。



posted by pocs at 06:23| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

Re: 利己的な遺伝子 進化的に安定な戦略(ESS)はあらかじめプログラムされている

> 昔の配列や突然変異してきた道筋はわからず、

この道筋について、

「利己的な遺伝子」
http://www.amazon.co.jp/dp/4314010037/

の、p.101には、進化的に安定な戦略(ESS)について述べられており、これが進化の道筋になったと言っています。

例えば、つねに激しく戦う個体群(タカ派の個体)と、
つねに逃げる個体群(ハト派の個体)
があったときに、
両者がどのくらいの割合を占めたときに数値的にもっとも安定するか、
を考えるというものです。

これは、個体どうしの戦略だけでなく、
外の環境の変化との関わりにおける戦略も考えられるでしょう。

フィンチのくちばしが旱魃の年と豊作の年とで変化するのも、これに類することだと言えるかもしれません。

さて、ここで考えなければならないことは、
「戦略というのは、あらかじめプログラムされている行動方針である」
(p.101)ということです。

この本では数多くの戦略例が書かれていますが、
常に、プログラムは「あらかじめプログラムされて」います。

p.139 「動物は複雑な計算をしているかのごとくふるまうように、あらかじめプログラムされているのであろう」

p.182 「そしてこの機械は、その遺伝子のコピーを増殖させるべく、能力の限りあらゆる努力を払うようにプログラムされている」

p.273 「奴隷の身の上とは気づかぬアリたちは彼女らの神経系に組み込まれたプログラムにしたがって仕事を始める。」

少なくとも、私たちが目にし、進化論の研究の題材にしているものはみなすべて、すでにプログラムが出来上がっているものなのです。



posted by pocs at 07:03| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。