2012年03月25日

統一思想の効果価値説と品質 2

この性相面の使用価値とは品質管理で言う品質と非常に似通っています。

品質とは、「製品やサービスが使用目的をどのように満たしているかを決定するための評価の対象となる固有の性質・性能全体をいいます。」(品質管理教本 日本規格協会 引用)


そして、統一思想では、このような使用価値を実現する手段が労働であるとし、
商品の価値はどのように決定されるかと言うと、

「交換価値とは、商品に投入された創造力の成果に対する評価量、すなわち商品の効用を実現した創造力に対する評価量である。

この評価量は、生産者の立場から見れば、効用を実現したことに対する報酬として、収入に対する期待(満足量)を表したものであり、消費者の立場から見れば、使用価値が与える満足感(効用)に基づいて謝礼(感謝量)として表したものである。

そして両者間の調節によって決定されるものである。このように商品の価値は、商品を中心として、生産者(または所有者)と消費者の間の授受作用によって決定される。」

としています。



posted by pocs at 16:52| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

統一思想の効果価値説と品質

Iです。

「頭翼思想時代の到来」には下記のように書かれています。
これは労働価値説の代案として統一思想の立場から述べたものですが、
すこし感じるものがあったので投稿します。

統一思想の効果価値説

「マルクスは労働の二重性と商品の二重性をとらえたが、統一思想においても労働の二重性と商品の二重性を主張する。
しかしマルクスの場合とは、その視点が全く異なる。すべての存在には、性相すなわち内的な、機能的な側面と、形状すなわち外的な、形態的、物質的な側面があるが、性相が主体、形状が対象である。
労働力すなわち創造力には、性相としての創造性と、形状としての体力があるが、この体力がマルクスのいう抽象的人間労働に相当する。
そして創造力が体化したものが商品であって、商品は性相としての使用価値(有用性)と、形状としての形態、構造、材料からなるのである。そして商品の使用価値が消費者に効用を与えるのである(図3―3)。なおここでいう効用とは、限界効用の意味での効用である。



posted by pocs at 21:21| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

Re:Re:若者として創造目的学会に期待すること

科学に対する見方を改革したという点では、
創造目的学会は一つの責任分担を果たしたと言うことが出来ると思いますが、
これからは具体的な問題に対する対策案を提示していくということですね。

創造目的学会が出てくるまでは、進化論とかに対しても
何とかしなければならない、だけどどう言ったらいいかわからない、
という感じが全体的な雰囲気だったと思います。

でも、相対的関係がなければ繁殖・進化は出来ないんだ
ということを示してからは
全体的な雰囲気が変わってきたと思います。


多くの科学者が相対的関係・授受作用という観点から物事を見つめるようになりましたし、
統一思想シンポジウムにおいては、ID理論に対しても相対的関係・授受作用の観点から展開していくべきではないかという意見が多く聞かれました。

こういう意味において、
創造目的学会は一つの使命を果たしたといえると思いますが、
さらに進んで社会に対して具体的な解決方案を提示していくということは十分可能なことだと思います。



posted by pocs at 13:42| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

Re:若者として創造目的学会に期待すること

Iです。

久々の投稿です。

神様を中心とした世界とは、その目指すものは、
その世界観はいかなるものかを具体化していき、
見えるようにしていくことが
創造目的学会において必要なことと感じます。

より具体的な現実解決案を提示できれば、
創造目的学会は意義のあるものになるかもしれません。



posted by pocs at 20:56| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

若者として創造目的学会に期待すること

Mです。

昨日は、S先生のご紹介で、若いS君にお会いしました。

創造目的学会にとても関心を持ってくださり、
若者として創造目的学会に期待することは何かを話してくれました。

若者としては、
統一原理を知らない場合と比べて
統一原理を知っていることで
どのようなよいことがあるのか、
例えば何かを解決できるとか、何かに打ち勝つことが出来るとか、
生活の中で統一原理のよさを感じたい、
というようなことを言っていました。

私は彼らを守りたいという思いがありますから、
これからの創造目的学会の活動に彼らの声を反映させていくことは
とても重要だと感じ、いいアドバイスを得ることが出来たと思いました。

一方において、この世は間違っているということも話しました。
今の世の中はすべてが反対になっています。
それでこの世を変えていかなければならないということも話しました。
若者たちが、この世に負けず、この世を変革していくための、
支えにもなっていきたいと思います。



ラベル:統一原理 この世
posted by pocs at 15:56| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

不可知論

> あと、最近、不可知論(無神論にも被りますが)に対してどう反論するかということを模索しましたが、私のレベルでは議論したとしても平行線の堂々巡りになってしまいそうで思考停止してます。


まだ、練られていないのですが、私の思いつくままに書きます。

不可知論の場合、大概、神の存在証明の方法を批判し我々の理性では知ることができないとする方法をとります。

カントは、純粋理性、すなわち感性、悟性でなされる経験的知識では、超越的存在は認識できないとして、不可知的立場を取りましたが、経験からは独立して意志を規定する普遍的な道徳法則をわれわれに与える存在が要請されるとして、道徳の実践を命令する神の存在を肯定しました。

統一思想によれば、人間が神に似せて創造され、その人間に似せて万物が創造されたという創造原理がわからなかったためにカントは純粋理性では不可知論的立場を取ったと書かれています。



ラベル:不可知論 カント
posted by pocs at 13:47| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

Re:Re:創造原理を再度研究

様々ありがとうございます。

統一原理は元々陰陽の統一論ですが、世の中の人が『陰陽』『光と影』と聞くと、善悪二元論の方向に考えやすいでしょうから、そこらへんの定義付け共通認識が必要なんでしょうね。

でも一般的には(特に日本人においては)、『悪』という存在がわからないし、後天的に生じたということも理解できない。なので、思想、宗教の分野を避けて通ることが出来ないなあと。

あと、最近、不可知論(無神論にも被りますが)に対してどう反論するかということを模索しましたが、私のレベルでは議論したとしても平行線の堂々巡りになってしまいそうで思考停止してます。



ラベル:陰陽の統一論
posted by pocs at 08:42| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

Re:創造原理を再度研究

Tさんの日記は情的に訴えたい内容が書かれていて良いですね。

結局、多くの批判は、神様中心の科学では変に事実を捻じ曲げられるのではないか?政治的な悪に科学が利用されるのではないか?という不安から来ると思います。

だから、神様が存在するか否かというものだけでなく情的に響く内容も必要だと感じます。



posted by pocs at 13:22| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

Re:Re:Re:創造原理を再度研究

> 進化学でもどうしてそれが偶然にできたのかという部分になると答えられなくなってしまうようですので、あとは我々が説明していけばよいですね。


生き残ることに有利という理由があれば、ある程度の段階性と思われるものがあればそれで進化してきたと主張します。

また、生き残ればよいというだけで説明はできず、また共生という意味だけでも説明できず、時には性的なものでさえも性淘汰という理由でやはり生き残るという意味に集約しようとするのは、自然淘汰で説明できるのはそれだけだからです。

それはあまりにも創造目的から見たら限定的ですね。



posted by pocs at 17:28| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

Re:Re:創造原理を再度研究

> ただ、もともと目的論でない進化学で、このようなシステムを生物自体が作りだしたということはできず、偶然できたそのようなシステムが自然淘汰で残る内容を持ったとなると思うのです。

> しかし、進化学の説明を見ていると理論に説得性を持たせるために生物自体が目的論的に進化してきたというような説明で説得する方式が取られている気がします。


進化学でもどうしてそれが偶然にできたのかという部分になると答えられなくなってしまうようですので、あとは我々が説明していけばよいですね。

シリーズ進化学でそのように目的論的に説明しているところを抜粋して、そのあとを我々が述べていきましょう。

形而上学になりますので、進化学者の手を離れてしまうみたいです。
進化学者も、目的論的には説明したくはないのだけれども、どうしてもそうなってしまうようですね。



posted by pocs at 16:33| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする