2010年07月08日

不可知論

> あと、最近、不可知論(無神論にも被りますが)に対してどう反論するかということを模索しましたが、私のレベルでは議論したとしても平行線の堂々巡りになってしまいそうで思考停止してます。


まだ、練られていないのですが、私の思いつくままに書きます。

不可知論の場合、大概、神の存在証明の方法を批判し我々の理性では知ることができないとする方法をとります。

カントは、純粋理性、すなわち感性、悟性でなされる経験的知識では、超越的存在は認識できないとして、不可知的立場を取りましたが、経験からは独立して意志を規定する普遍的な道徳法則をわれわれに与える存在が要請されるとして、道徳の実践を命令する神の存在を肯定しました。

統一思想によれば、人間が神に似せて創造され、その人間に似せて万物が創造されたという創造原理がわからなかったためにカントは純粋理性では不可知論的立場を取ったと書かれています。



ラベル:不可知論 カント
posted by pocs at 13:47| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。