2010年06月16日

Re:Re:創造原理を再度研究

> ただ、もともと目的論でない進化学で、このようなシステムを生物自体が作りだしたということはできず、偶然できたそのようなシステムが自然淘汰で残る内容を持ったとなると思うのです。

> しかし、進化学の説明を見ていると理論に説得性を持たせるために生物自体が目的論的に進化してきたというような説明で説得する方式が取られている気がします。


進化学でもどうしてそれが偶然にできたのかという部分になると答えられなくなってしまうようですので、あとは我々が説明していけばよいですね。

シリーズ進化学でそのように目的論的に説明しているところを抜粋して、そのあとを我々が述べていきましょう。

形而上学になりますので、進化学者の手を離れてしまうみたいです。
進化学者も、目的論的には説明したくはないのだけれども、どうしてもそうなってしまうようですね。



posted by pocs at 16:33| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。