2010年03月14日

Re:Re:Re:Re:認識論 大円鏡智 と 鏡 4

前回投稿の続き

原意識は、「生物の遺伝情報(暗号)の解読と情報の指示事項の遂行、そして情報の伝達」などが、その代表的なものであり、
細胞の「DNAの遺伝情報(暗号)を解読細胞や組織と中枢との間で情報を授受する伝達者の役割」も、原意識が行っている。

原意識(潜在意識)の「感知性、覚知性、合目的性」があるからこれらが可能であり、意識がこのような機能を発揮する中で原映像や関係像が授受作用により発達する。

これらの認識が誰もが同じ側面と違う側面を持つのは理法によって成り立っているからだと言えます。

また、人間が、マクロからミクロまでの法則を理解できるのは物質レベルから細胞レベルまであたかも小宇宙であるかのように、それらの内容を総合した内容を人間が持っているからだと言えるのではないでしょうか。

不確定性原理は人間が全てをコントロールできることを意味すると言うよりも人間はいっぺんにすべてを知ることは出来ない存在であることを意味するのではないでしょうか?

しかし、それらを統合して理解することが出来る内容も持つことが出来るのも人間と言えるでしょう。



posted by pocs at 23:29| Comment(0) | 時空を超越した世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。