2008年09月22日

Re: 利己的な遺伝子 個体レベルにおける単一の遺伝子のもつ意味

「利己的な遺伝子」
http://www.amazon.co.jp/dp/4314010037/

の、p.90には、個体レベルにおける単一の遺伝子のもつ意味が述べられています。

「認めねばならないことは、他の条件が同じであり、かつ他の多数の重要な遺伝子や環境要因が存在しているならば、ある単一の遺伝子が対立遺伝子にくらべて、溺れかけているものをいっそうよく助けてやりそうな体をつくることがありうる」

ある遺伝子(ヌクレオチド)の位置を、違う種類の遺伝子(ヌクレオチド)が占めた場合を考えているわけですが、
そうすると、どちらがより〜〜をしやすいかということを考えることが出来るというわけです。

〜〜には様々な事柄が入ってきますが、
p.90の例では、例えとして「溺れかけている仲間を救うこと」が入ってきます。

さて、ここで考えてみなければならないのは、
「溺れかけている仲間を救う」行動はすでに観察されている行動だということです。

ここでは、具体的な例として、
衛生的なミツバチが、病気にかかっている幼虫を巣から引っ張り出す例を挙げています。

すでにそのような行動がミツバチにおいてなされており、
それは遺伝子の配列も関係しているので、
〜ずっと昔そのような行動をしない遺伝子配列だったのが突然変異によって徐々に変化し、だんだんとその行動に優れてきたのだろう〜
と考えるわけですが、

果たしてこれは正しいと言えるでしょうか?

昔の配列や突然変異してきた道筋はわからず、
すでに観察されていることについて言っているので、正しいかどうかはわからないと思います。

しかし、間違っているとも言えません。
どちらとも言えません。

ただ、始めに「溺れかけている仲間を救う」行動を目標にしたならば、遺伝子配列を少しずつ変えていって、その行動に対してより優れた遺伝子配列をつくることは出来るでしょう。
このことは非常に重要なことです。


すなわち、目標をもたずに突然変異と自然淘汰で進化を説明しようとすることは、正しいとも間違っているとも言うことが出来ないので、元から出来ず、
最初から目標を中心として進化してきたとするのが正しいといえます。

その目標は、どこから来たのでしょうか?
その目標がなければ進化もできないわけですが、
それは生物自体が設定できない未来のものですから、
明らかに絶対者によって与えられた創造目的です。

すなわち、進化は創造目的を中心とした所与の関係においてなされるとする相対的授受相関対応説が正しいということが出来ます。

創造目的論序説 相対的授受相関対応説
http://pocs.info/josetu_text_setu.htm


以下、「利己的な遺伝子」p.90より引用

「私がたとえばかりに「溺れかけている仲間を救うための」遺伝子について述べ、あなたがそのような概念は信じがたいと思ったら、衛生的なミツバチの話を思いおこしてほしい。

複雑な筋収縮や感覚統合、さらには意識的な決断に至るまで、溺れかけているものを助けることに含まれるあらゆることの唯一の原因が遺伝子だといっているのではないことに注意してほしい。

学習や経験、あるいは環境の影響が行動の発達にかかわるかどうかという問題については何もいっていない。
認めねばならないことは、他の条件が同じであり、かつ他の多数の重要な遺伝子や環境要因が存在しているならば、ある単一の遺伝子が対立遺伝子にくらべて、溺れかけているものをいっそうよく助けてやりそうな体をつくることがありうるということである。

二つの遺伝子間のちがいが、じつはある単純な量的変数のわずかな差にすぎないことがわかる場合もあろう。
胚発生の詳細な過程は、興味ぶかいものではあるけれども、進化的な考察には関係がない。
コンラート・ローレンツはこの点をみごとに指摘している。
遺伝子はマスター・プログラマーであり、自分の生命のためにプログラムを組む。

遺伝子は、自分の生存機械が生涯に出遭うあらゆる危険を処理するにさいしての、そのプログラムの成功不成功によって裁かれる。
その判事は生存という法廷の情容赦のない判事である。」



posted by pocs at 06:23| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。