2008年08月04日

Re:言語の起源と人間性の起源

言語の獲得ということを考えるとどうしても言葉とは何か?
という問題に至り、さらに人間とは何か?という問題になります。

よく言われるところは見えないものに対する礼拝、絶対者に対する礼拝をするのは人間だけではないでしょうか?

言葉に関しても肉心レベルでない生心(真美善)価値に対する言葉を有しているのは人間だけではないでしょうか?

仲間呼んだり、身の危険を知らせたり、異性を求めたりというのは、ある程度、音声として動物も発するとは思いますが、
肉心と生心の内容から見ていく時に動物との違いが明確になってくると思います。

単に、再帰(同じものを正しく当てはめる)というだけでなく、相応とか言語にはいろいろありますね。
言葉に関しては密教とかの内容も参考になりそうですね。



posted by pocs at 21:18| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。