2008年06月29日

Re:中立遺伝子と大進化の結びつきはどこに?

中立進化と大進化を結びつける場合、環境の変化に適応したという表現が使われますね。
前適応という話が出たときの内容です。

中立という表現は現状の環境ではプラスでもマイナスでもないため淘汰されない物というような意味と思います。
しかし、変化はしているので、環境が変わるとその変化がプラスに転じることがあるということらしいです。

しかし、これはあまりにも偶然に対する期待度が大きすぎる説明ではないでしょうか?

ようするに、自然淘汰説と中立説を組み合わせた内容です。

もし、そのようなことが成り立つならばやはり、授受相関対応がなされたと見ないとありえない話と思います。

創造目的論序説 相対的授受相関対応説
http://pocs.info/josetu_text_setu.htm



posted by pocs at 05:53| Comment(0) | 進化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。