2008年06月03日

Re:祝福され家庭を持つまでの成長期間 神様の創造目的からみた性関係のあり方

I様、「祝福され家庭を持つまで兄弟姉妹として接する成長期間の意義」
について非常に参考になる資料のご提供をありがとうございます。

この資料は「祝福」の意義についても再確認させてくれる内容であると思います。
祝福された家庭を完成させるために必要な期間である、
ということが出来ますね。

ということは、このような成長期間は神様から与えられたものであることがわかりますし、
神様の創造目的を成就するために必要不可欠なものであるということが言えそうですね。


この神様の創造目的に立脚して考察してみていった場合、
「性関係を結婚まで待つこと」の意義や
「結婚をしたら夫婦以外の相手と性関係を持たないこと」の意義は、
「家庭を完成させる」という視点からも意義付けられそうに思います。

国家的な祝福が展開されている今日において、
神様の創造目的からみた性関係のあり方を論じていくのはきわめて有効なことに思えます。



posted by pocs at 07:50| Comment(0) | 道徳と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。