2008年05月31日

Re:創造本然の価値について、教えていただけないでしょうか?

> >今まで、ある対象の価値が絶対的なものとならず、相対的であったのは、その対象と、それに対する堕落人間との間になされる授受の関係が、神の創造理想を中心としたものでなく、サタン(邪心)的な目的と欲望を中心としたものであったからです。

> という文脈からは、どうも「価値の基準を決めるのは神」であり、絶対的な価値こそが正しく、相対的な価値は、サタン的な欲望」であると書かれているような気がします。

> 「相対的な価値」というものも、どういうものなのか、ちょっとイメージができないんですが、要するに「神が決めた絶対的な価値以外、価値観を持ってはいかん。それ以外は堕落じゃ!!」ということなんでしょうか?”


「今まで、ある対象の価値が絶対的なものとならず、相対的であったのは」
という部分には、
「今までの世の中は、ものに価値があるかどうかなんて結局わからんという暗中模索の状態に陥っていた」
という問題意識が前提にあると思うのですが、
ブログで質問されているこの方は、この重大問題を考えていないので、捉え違いをしてしまっているのだと思います。

それで、
「どうして暗中模索に陥ってしまうかというと神様の創造理想を知らなかったからだ、
神様の創造理想を中心としてみればはっきりとした価値が見えてくる」
という明確な解答がここに書かれているのですが、
それを押し付けのように感じていらっしゃるのでしょうね。



posted by pocs at 06:44| Comment(0) | 道徳と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。