2008年05月28日

Re:創造本然の価値について、教えていただけないでしょうか?

> 「相対的な価値」というものも、どういうものなのか、ちょっとイメージができないんですが、要するに「神が決めた絶対的な価値以外、価値観を持ってはいかん。それ以外は堕落じゃ!!」ということなんでしょうか?”


私は神様の造った個性真理体には絶対的な創造目的があると思っております。

一方人間の生活の便をなすため人間が作ったものの価値というのは一時的な生活のために便利かどうかなので常に相対的です。
ただ、そのような相対的な価値をもってはいけないと言う意味ではないと思います。

これはあくまでも1つの例えですが、個体目的としてはそのような相対性はつきものです。

ただ、人間が施した加工には相対性がありますが、その素材は神様の造った絶対性を持っていますので、自分勝手に扱うだけではなく環境などの問題も関わってくると思います。

また、それは、動植物の種という観点でも同じだと思います。

創造本然(絶対的)の価値追求欲による欲望でもって授受作用(相対的)するというのは、
神様の絶対的な創造目的からくる価値を理解した上で、その時々の人間の生活活動において扱う上での価値のあり方を決定していくというような意味があるのでは、
と私は思います。



posted by pocs at 06:24| Comment(0) | 道徳と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。