2008年05月27日

創造本然の価値について、教えていただけないでしょうか?

ブログで、創造本然の価値を、原理講論を元に説明しましたところ、次のような質問をいただきました。

これに、どう解答していいのか、教えていただけないでしょうか?

どうぞ、よろしくお願いします。

”Tさん、こんばんは。

たくさんお答えくださいまして、ありがとうございます。やはり、コミュニケーションができるというのは、素晴らしいことですね。
 
ひとつ、よくわからないことがあります。このテキストの
 
>美の追求欲というのは、人間自身がその※性相と形状(内的な心と外的な肉身)とを、その対象を通じて相対的に感じようとする欲望をいうのです。

>絶対的な価値の基準である神

>今まで、ある対象の価値が絶対的なものとならず、相対的であったのは、その対象と、それに対する堕落人間との間になされる授受の関係が、神の創造理想を中心としたものでなく、サタン(邪心)的な目的と欲望を中心としたものであったからです。

という文脈からは、どうも「価値の基準を決めるのは神」であり、絶対的な価値こそが正しく、相対的な価値は、サタン的な欲望」であると書かれているような気がします。

「相対的な価値」というものも、どういうものなのか、ちょっとイメージができないんですが、要するに「神が決めた絶対的な価値以外、価値観を持ってはいかん。それ以外は堕落じゃ!!」ということなんでしょうか?”



posted by pocs at 06:58| Comment(0) | 道徳と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。