2008年05月25日

Re:理趣経対訳

> そのような内容をまとめて本質的な理解を知ることが、将来において血統を守るうえで重要なことと思います。

私もそう思います。

性の問題は、神様が性を与えられた目的は何かという
神様の創造目的を考えなければ解答が得られないと思うのですが、
いかがでしょうか。

神様の創造目的に基づかずに性を論じたとしたら、
おそらく、当事者の利害がどうかという議論に終始すると思いますが、
これはほんとうに問題を解決することになるのでしょうか?



ラベル:性の問題 理趣経
posted by pocs at 06:12| Comment(0) | 時空を超越した世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。