2008年05月14日

Re:絶対‘性’ 神様の創造目的を中心とした初愛の心情

> 医学的にみて夫婦は統一思想で言うように一対一であることが望ましい、という発表をされました。
>
> 真の愛の価値を永遠なものとして実現するためには一対一でなければならないだろうということが思われます。
http://pocs.seesaa.net/article/406938700.html


神様を中心とした基準で、絶対的関係としての相対的関係を結んで、その心情は初愛の絶対基準であるべきだと、改めて感じさせられました。

相対関係で愛の問題は解決すべきと言う話はよくあるのですが、
神様の創造目的を中心とした初愛の心情における絶対的関係、これが理想夫婦、理想家庭の根源、と言う認識が絶対的に必要と感じます。

最近、ニューエイジ思想や密教関係で、性も利他的であるべきだとしてフリーセックスを奨励している内容があると、書籍やインターネットの文書で、見かけます。

しかし、これは間違っています。

絶対的夫婦関係は秩序の根源、理想家庭、理想的な子女を育てる上でも最重要課題と思います。

復帰摂理の内容が誤解されることがありますが、
あくまでも神を中心とした絶対理想夫婦を復帰するという、血統の復帰という観点が必要だと感じます。





ラベル:夫婦 絶対性
posted by pocs at 07:24| Comment(0) | 道徳と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。