2008年03月25日

陰陽と統一原理の陽性と陰性

統一原理では、性相と形状を、主体と対象、また、天地という立場から、次元は異なりますが、陽性と陰性と理解します。
これは、非常にわかりやすいすっきりとした考え方です。

ところが、東洋の陰陽思想は見た目で陰陽を当てはめるので、ここでは主体と対象の立場が逆転して陰陽を当てはめます。

そこへ、唯物思想が入ってくるものだから、話はややこしくなります。

ここらへんを整理したら、易学や東洋医学はどれほどわかりやすくなるかと思うのですが、
今は、陰陽のこのような特殊な感覚が理解できないと東洋の思想に基づくこのようなもの(易学、東洋医学)は理解不能ということになります。

(時と場合や流派の立場によって見方が違うのだから、師につくか同じ流派の書物を何冊か読んで相対的に理解しないと、理解できないのです。
専門家にもなるのが当たり前です。)

しかし、これを本気で整理しようとしたらそれだけでライフワークですね。





ラベル:陰陽
posted by pocs at 06:20| Comment(0) | 時空を超越した世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。