2008年01月25日

天津甕星

ウイーキペィデアでは天津甕星は金星であると記述がありますね。

明けの明星と言われるルシファーと共通性を感じます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%B4%A5%E7%94%95%E6%98%9F


▽▽▽


>  また、同じく『日本書紀』神代下・第九段の第一の一書の「注」には
> 「其の不服はぬ者は、唯星の神香香背男のみ」と出てくる。

この部分をもう少し前から引用しますと、

「一にいわく、二の神遂に邪神および草木石の類を誅いて、皆すでに平けぬ。
其の不服はぬ者は、唯星の神香香背男のみ。」

(あるにいわく、ふたはしらのかみついにあしきかみおよびくさきいしのたぐひをつみないて、みなすでにむけぬ。そのうべなはぬものは、ただほしのかみかかせをのみ。)

とあり、邪神と書かれていますね。



ラベル:天津甕星 星神
posted by pocs at 07:40| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。