2008年01月23日

堕天使と思われる存在「星神」

また、堕天使と思われる存在を星神として記している、という内容もありました。

引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星神は「邪しき鬼神」

 『日本書紀』の神代下・第九段の第二の一書の中に「天津甕星」という神名が出てくる。またの名を「天香香背男」という。

 甕のミカはミイカの約で、ミは祇(←霊)の義、イカは厳の義である。
 いっぽう、カカセの力力は迦兵土やカグヤ姫のカグと同源の「輝く」の義である。

 すなわち、天津甕星も天香香背男も「天上でいかめしく輝いている星の神」という意味になる。

 当然、その名から判断すれば、〈神威ある天つ神>ということになる。

 ところが、実際には「天に邪しき神有り。名を天津甕星と日ふ。亦の名は天香香背男」と記されているのである。

 また、同じく『日本書紀』神代下・第九段の第一の一書の「注」には「其の不服はぬ者は、唯星の神香香背男のみ」と出てくる。

 すなわち、天津甕星=香香背男は、その名に反して「邪しき鬼神」としてしか扱われていないのである。


もう一つの天神の系譜

 実際、この星神は、天孫降臨の先発隊として天下った神々の中の倭文神建葉槌命(鹿島神宮の摂社の祭神)によって討ち取られている。

ちなみに、ホシ(星)のホは「秀」の義である。

 そのことを考えると、天津甕星=星神香香背男はいわゆる「天つ神」とは別系統の、もう一つの先住系の「天つ神」=「天の神」であったといえるだろう。

 しかし、記紀神話においては星神たちは埋没している。
 それというのも、星神として明確に登場してくるのは、この天津甕星=香香背男だけなのである。


「神道のすべて」より
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31391867
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ラベル:星神 天津甕星
posted by pocs at 18:41| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。