2007年12月31日

Re:Re:高御産巣日神(別名高木神) 造化三神と易における太極、陽、陰との対応

先日ご紹介した
http://pocs.seesaa.net/archives/20071030-1.html

「学研 歴史群像シリーズ67 古事記」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boox/bk-4056028915.html

に、興味深い記述があります。

これを読むと、まさに、創造原理の神の二性性相の話のところに当てはまります。

また、この記述の最後には
「そこには、宇宙の創造原理から人間の生き方まで一切が記されており」
と書かれているのは、注目に値すると思います。

以下、最後までではないですが、途中の二性性相の話の部分を抜粋いたします。


「易経で見る古事記」(大宮史朗)


「ちなみに『古事記」の冒頭に出現する神は、天之御中主神、高御産霊神、神産霊神、すなわちいわゆる造化三神といわれる神であるが、これらの神は、易における太極、陽、陰と対応するということは江戸以前からいわれていたようである。

天之御中主神という神はその名前の通り、天の真中の主の神ということで、この宇宙の中心に鎮座されて、宇宙の全体をうしはぐ、つまり統括している神とされる。

高御産霊神というのは、健く、高く進みゆく皇産霊の神という意味で、これは宇宙の中心に存在する天之御中主神から、宇宙の外面に向かって遠く離れ、健く高く進んで膨張する神徳がある神とされる。

神産霊神というのは噛みしめる皇産霊神という意味で、宇宙の外面から、宇宙の中心に存在する天之御中主神を求めて、噛み締まり収縮し来る神徳がある神とされる。

神道においては、この天地の間の一切のものは造化三神の中心、遠心、求心の三徳の作用によって、生成化育して尽きることがないと考える。

易においては、一切を生み出す本源を太極とする。太極とはつまり、宇宙の核となるところである。ものの根本をなすものであり、この核がなければなにものも存在しえない。

宇宙の森羅万象はこの太極より発生する。太陽も月も星も、植物も動物も、山も海も一切はこの太極から生じてくるとする。

もっとも、太極から直接的に一切が生じるわけではない。太極からは、「陰」(マイナス、消極性)と「陽」(プラス、積極性)、両極二つの気が発現する。陰のあるところには必ず陽があり、陽のあるところには必ず陰がある。それは万物を貫く原理であり、生と死の源泉である。

陰の気と、陽の気とが交わることによって、ありとあらゆるものが誕生し発生し成長していく。すなわち易においては、陰と陽は一切を産み出す気とされるのである。

このように比較してみると、確かに、神道でいう造化三神と、易でいう太極、陰、陽は、表現はいささか異なるにしろ、似通った特質を見ることができる。

そのため、易を研究する人の中には、太極と神道における天之御中主神とは同じものであると主張する人もいたらしい。」

(続く)





posted by pocs at 07:06| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。