2007年12月30日

Re:高御産巣日神(別名高木神)

神道の記述だと、神様が創生の時に顕れ、身を隠しているが、実は霊的な技を継続して行っているということですが、

例えば、造化三神の男性格主体である高御産巣日神と他の二神の関係性が不明確(それぞれは根本的には同じで属性を表わしているとか)ですので、その関係性を明確にしないといけないと思うのです。

密教の場合は、大日如来の知恵の顕現となっていますから、知恵の顕現はロゴスであり、ロゴスは大日如来の慈悲の心情から創造された被造物であるはずだと言う見解が妥当だと思うので、創造は明確ではないが創造だと思われる内容があります。

まず、位置付けの関連性から括りのようなものを考えていくと良いかもしれないですね。





posted by pocs at 06:41| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。