2007年12月29日

高御産巣日神(別名高木神)

S先生の論文(神道の統一原理的解明)にもありますように、
http://pocs.info/gairon_sugiyama.pdf

伊邪那岐命と伊邪那美命が、
人間始祖アダムとエバであることは間違いないと思います。

天照大神はその子なのですが、
天孫降臨にいたる葦原中国の平定において、

天照大神とともに、造化三神の男性格主体である高御産巣日神(別名高木神)が登場するのはとても興味深いことだと思います。

記述においてこの両者は一体化しているように書かれています。

そして、天照大神の息子と高御産巣日神の娘の間に生まれたのが天孫・天津日高日子番能邇邇芸命です。

古事記 上つ巻系図
http://www.asukanet.gr.jp/cha-san/keizu1.htm


この高御産巣日神と天照大神は、
日本書紀においては高御産巣日神が主体なのですが、
古事記では天照大神が主体になっているそうです。

アマテラス 葦原中国の平定
http://homepage1.nifty.com/o-mino/page982.html

古事記 葦原中国の平定 京都通百科事典
http://www.kyototsuu.jp/WorldWide/Kojiki6AshiharaNakanokuni.html

高御産巣日神とは「神社ていすと」
http://jinjataste.web.fc2.com/kami_page_3.htm


このあたりが問題なのかもしれません。





posted by pocs at 07:06| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。