2007年10月26日

Re:高天原(たかあまはら)

その下の内容も面白いですね。
> http://www.arigatougozaimasu.com/free/kojiki.html

「たかあまはら(全大宇宙)には、神力と神相とが本来一体でありながら、相反する両面として働いていて、「力」の作用で「相」が現れ、「相」の作用で「力」が種々に現れる。
この順逆二つの流れの結合によって、一切の万神万生万有が生み出される。」


ここでいう根本的な相というのは観念、概念、数理性などの内的形状に当たるもので、具体化されたものの相対的関係を意味していると思われます。

力は万有原力および相互作用(授受作用)の力を意味していると思います。性相(内的形状)と形状は表裏一体であるとの意味だと思います。

万有原力が作用力、構成力となって相対的関係が現れ万物が生じます。
万有原力により相対的関係が授受作用すると各種の力が現れるようになる、
このような関係性のことを言っていると思います。



ラベル:高天原
posted by pocs at 07:05| Comment(0) | 時空を超越した世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。