2007年09月10日

空海密教の神観

>> 法身仏=大日如来
>> 報身仏=阿弥陀如来など
>> 応身仏=釈尊、

>> これが空海密教の神観ですね。


> 空海は物質観においても認識する主体と認識される対象があるとして二性性相の見方をしているようですね。
> たしかに創造原理に近い内容を感じます。
> ただ、創造原理的な愛の成長期間というよりもやはり悟りの過程の最終段階で神様に出会うという価値観が強い気がしますから、養子レベルに達した方という解釈で間違いないと思います。
> イエスとは発する言葉の出発点にやはり微妙な違いを感じます。


I様
Sです。
いつも、お世話様です。

私は、空海の教えとイエスの教えの接点があるならば、
文鮮明先生と空海の部分的な共通点が浮びあがってくると思って
おりましたが、
I様とこのような、ダイアログができることは、本当に
神様の導きと感じます。

それでは、よろしく、お願いもうしあげます。



posted by pocs at 21:36| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。