2007年09月02日

原理的十住心論

研究成果からの貴重な指摘ありがとうございます。
その内容も加え少し修正しました。


本来、祝福を受ける心霊基準がどのようなものであったかということを改めて感じさせられます。
また、やはり、必ずしも段々に登っていくものでなく、これは、頭の理解ではないので、それぞれの悟りが生活の中で実感として深まっていくのではと感じます。


●第一住心 異生羝羊心 (いしょうていようしん)

「凡夫狂酔して、吾が非を悟らず。但し淫食を念ずること、彼の羝羊の如し。」

凡人は性欲を満たすことと食欲を満たして生活することが心の心にあって、生活の中に宗教的な価値を求めることがなくそれが過ちであることに気がつかない。それは捕まえることのできない水に映った月を欲している子供のようで掴もうとしても掴むことのできない虚しさだけが付きまとうものである。しかし、その虚しさがどこから来るのかを悟ることができないでいる。

思春期では食べ物をたらふく食べたい、異性を自分のものにしたいという肉心の欲望が強くなる。しかし、そのような心に戸惑いつつ、はじめは主管の仕方がわからない、ここで道を迷わないようにするのは羊飼いたる親の愛である。


●第二住心 愚童持斎心 (ぐどうじさいしん)

「外の因縁に由って、忽ちに節食を思う。施心萌動して、穀の縁に遇うが如し。」

他人の目が気になって、欲望のままに生きることは控えるべきだと思う。友達と協力し合って生きたいと思うのは、穀物が発芽するように芽生えるものである。

これを成長段階に当てはめるなら親が兄弟姉妹を分け隔てなく育てるように異性も人間であって人格を持っており、欲望のままに見つめることよりも人格を見るべきことを悟るようになる。また、食べられない不幸な人がいる前で自分だけが食べるのは申し訳ないと思う。親が育ててくれた愛に感謝して人間は協力し合って時には与える立場にも立つべきだと言う心が幼いながら芽生えはじめる。


●第三住心 嬰童無畏心(ようどうむいしん)

「外道天に生じて、暫く蘇息を得。彼の嬰児と、犢子との母に随うが如し。」

罪人であるが、善なる理と喜びを知って安らぎを得る。それは母の愛の下にいたいと思うようなものである。その喜びがあるうちは善人として生きることができる。

これを成長段階に当てはめるなら、親や教師に善なることをして褒められたり愛されたりしているうちは神様の愛を感じ、その喜びのうちに生きようと奉仕など為に生きたいと思うがそのような環境でない場合はまだ自発的な心はまだ弱い状態であり否定されればやめてしまう。


●第四住心 唯蘊無我心(ゆいうんむがしん)

「ただ法有を解して、我人みな遮す。羊車の三蔵、ことごとくこの句に摂す。」

ただ、天法があるからこそすべてのものは存在することを知り、自身も天法があるからこそ存在するのだと言うことを知り、我欲を捨て天法によって生きるべきであることを悟る。

これを成長段階に当てはめるなら、すべては神様によって創造原理が定められているからこそ存在することを知り、自分中心の生き方を捨て神様の定めた創造目的を実現するように天法を守り為に生きることが大切であることを悟る。


●第五住心 抜業因種心(ばつごういんしゅしん)

「身を十二に修して、無明、種を抜く。業生、已に除いて、無言に果を得。」

十二因縁「無明、行、識、名色(自己中心な判断)、六処(五官と知覚力)、触(識別力)、受(感情)、愛(渇愛)、取(執着)、有(区分)、生、老死」を修めて、一切が相対的関係と授受作用から成り立っていることを知って、無知のもとをとりのぞく。何も言われずとも自ずと善を行い為に生きるべきだと悟る。

これを成長段階に当てはめるなら、授受作用のあり方を分別をもって正して肉心を主管し、霊界を知って生死の意義を知り、宗教的価値を悟るようになる。


●第六住心 他縁大乗心(たえんだいじょうしん)

「無縁に悲を起して、大悲初めて発る。幻影に心を観じて、唯識、境を遮す。」
 
救われないものに悲しみを感じ、大いなる慈悲がはじめて生ずる。すべてのなかに迷いがあると観じて、ただ良心に生きるべきだという境地を知る。

これを成長段階に当てはめるなら、神様を知らずに救われない世界に、悲しみを感ずる。万民・万物に博愛を持って、大いなる慈悲がはじめて生ずる。すべてのものを復帰の過程であると感じて、ただ神様の心情と創造目的だけが本然の世界であると悟る。


●第七住心 覚心不生心(かくしんふしょうしん)

「八不に戯を絶ち、一念に空を観れば、心原空寂にして、無相安楽なり。」

あらゆる現象からくる迷いを否定することで、実在からの迷を断ち切り、ひたすら空を観じれば、邪な妄想はなく安楽である。

あらゆる物の「不生、不滅、不断、不常、不一、不異、不去、不来」に心を乱すことがなく、全てのものが相対的関係から生じたことがわかれば、迷いや悪は不完全な一時的なものであり、完全なものは中和的主体である親なる神様の心情からしか生じないことを知れば、神様の普遍的な愛の前に感謝して安らぎを得る事ができる。


●第八住心 一通無為心(いちどうむいしん)

「一如本浄にして、境智倶に融す。この心性を知るを、号して遮那という。」

すべてのものは本来清浄であって、認識としての主観も客観もともに統一している。 そのような心の本性を知るものを、仏という。

万物の特性も五官の欲望もすべてには創造目的があって創造本性であることを実感する。
心身は和合統一し、世界は神様の心情において統一される。このように創造目的を悟り神様の心情において心身が統一されたものを個性完成という。多くの聖人たちは個性完成に相当する悟りを得る前にもう一度、愛の最終試練を受け、誘惑を退けなければならなかった。


●第九住心 極無自性心(ごくむじしょうしん)

「水は自性なし、風に遇うてすなわち波たつ。法界は極にあらず、警を蒙って忽ちに進む。」

水はそれ自体定まった性はない。風にあたって波が立つだけ。さとりの世界は、この段階が究極ではないという戒めによって、さらに進むものである。

水は定まった形は待たない。かぜによって波が立つように応答する。すべては相対的世界、二性性相の世界であり、授受して為に生きる世界であるがゆえに恩讐はない。そのような真の愛によって個人が究極でないことを知り、さらに前進し、家庭、民族、国家、世界において神様の愛が実現する為に生き続る世界のために歩み続けるが真の生き方である。

それゆえに、未婚の男女は祝福結婚を受ける準備をし、ともに手を取り合って神様のために生きる愛の世界に進んでいくのである。
 

●第十住心 秘密荘厳心(ひみつしょうごんしん)

「秘密は倉の扉を開く。そこで倉の中の宝は、たちまちに現れて、あらゆる価値が実現される。」

秘密とは、仏法を啓示するはじめから存在する絶対者(法身仏)である大日如来、すなわち神様の秘密であり、その扉が開くとは神様とともに生活すること言います。即身成仏の世界です。
ここでそのような悟りを得た随伴者が1つとなってあらゆる価値を実現するのです。

祝福結婚の道が開かれる。創造原理、堕落論、復帰原理が明らかにされた今、堕落による分別を超え、真の御父母様の祝福によって創造目的を中心とした真の家庭、真の民族、真の国家、真の世界を建設していくことを持って大きな喜びの心を持って万人が神様を親として迎え、神様に侍って暮らすことのできる天国の扉が開かれる。
そのとき万民が神様の心情と一つになるのである。



posted by pocs at 13:29| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。