2007年08月18日

コーランにおける人間、天使、悪魔の関係

コーランの中の天使の記述で、天使の役割と人間との関係、堕落の動機と経路がわかりやすいものをピックアップしました。

●人間は地上における神の代理者、天使は人間に仕えるものであり、悪魔は堕天使であり、人間に仕えることに納得できず、人間を誘惑するものとなった。

雌牛章
マディーナ啓示286節

30.またあなたの主が(先に)天使たちに向かって、「本当にわれは、地上に代理者を置くであろう。」と仰せられた時を思い起せ。
かれらは申し上げた。「あなたは地上で悪を行い、血を流す者を置かれるのですか。わたしたちは、あなたを讃えて唱念し、またあなたの神聖を讃美していますのに。」
かれは仰せられた。
「本当にわれはあなたがたが知らないことを知っている。」

31.かれはアダムに凡てのものの名を教え、次にそれらを天使たちに示され、「もし、あなたがた(の言葉)が真実なら、これらのものの名をわれに言ってみなさい。」と仰せられた。

32.かれらは(答えて)申し上げた。「あなたの栄光を讃えます。あなたが、わたしたちに教えられたものの外には、何も知らないのです。本当にあなたは、全知にして英明であられます。」

33.かれは仰せられた。「アダムよ、それらの名をかれら(天使)に告げよ。」
そこでアダムがそれらの名をかれらに告げると、かれは、「われは天と地の奥義を知っているとあなたがたに告げたではないか。あなたがたが現わすことも、隠すことも知っている。」と仰せられた。

34.またわれが天使たちに、「あなたがた、アダムに敬拝しなさい。」と言った時を思い起せ。その時、皆敬拝したが、悪魔〔イブリース〕だけは承知せず、これを拒否したので、高慢で不信の徒となった。


夜の旅章(アル・イスラーゥ)
マッカ啓示111節

62.かれは(また)、「あなたは御考えになりませんか、あなたはこの者(アダム)をわたしよりも重視されます。だがもし復活の日まで、わたしに猶予を下さるなら、僅かの者を除き、かれの子孫を必ずわたしの配下に致しましょう。」と言った。


サード章
マッカ啓示88節

71.あなたの主が、天使たちに、「われは泥から人間を創ろうとしている。」と仰せられた時を思え。

72.「それでわれが、かれ(人間)を形作り、それに霊を吹き込んだならば、あなたがたは伏してかれに敬拝しなさい。」

73.そこで天使たちは、皆一斉に敬拝したが、

74.イブリースだけはそうしなかった。かれは高慢で、信仰を拒む者となった。

75.かれは仰せられた。「イブリースよ、われの手ずから創ったものに敬拝するのに、何があなたを妨げたのか。あなたは高慢なのか、それとも高い(偉力ある)者なのか。」

76.かれは申し上げた。「わたしはかれ(人間)よりも優れています、あなたは火でわたしを御創りになりましたが、かれは泥で創られただけです。」

77.かれは仰せられた。「それならあなたは、ここから出て行きなさい、本当に忌まわしいから。

78.そしてわれからの見限りは、審判の日まで必ずあなたの上にあろう。」

79.かれは申しあげた。「主よ、かれらが呼び起こされる日まで、猶予を願います。」

80.かれは仰せられた。「あなたを猶予しよう。

81.定められた日時まで。」

82.かれは申し上げた。「それでは、あなたの御威光にかけて誓います。わたしはかれら(人間)凡ての者を誘惑します。

83.かれらの中の、あなたの謙虚なしもべを除いては。」

84.かれは仰せられた。「それは真実である。われからも真実を言う。

85.われは、あなたとあなたに従う凡ての者で、地獄を満たすであろう。」


●天使は神の許しによってのみ行動する

雌牛章
マディーナ啓示286節

102.そしてかれらは、悪魔たちがスライマーンの王権に就いて、(偽って)述べることに従った。スライマーンは不信心ではなかった。しかし悪魔たちは不信心だったので人びとに妖術を教え、またバービル(バビロン)でハールートとマールートの両天使に授けられたものを教えた。だが両天使は、こう告げた後でなければ、誰にも教えなかった。
「わたしたちは試みるだけだ。それで不信心になってはならない。」
かれら(人びと)は両者から、夫と妻の間を引き離す術を学んだ。だがかれら(悪魔)とて、アッラーの御許しがない限り、それで誰も害することは出来なかった。しかし人びとは、自分に害になる、益のないことを学んだ。
(この術を)購った者は、来世において何の福分にも与れないことを知りながら。
ああ、何とつまらないもののために、かれらは魂を売ってしまったのか。
かれらにそれが分っていたらよかったのに。


●天使は人間を協助するもの

戦利品章(アル・アンファール)
マディーナ啓示 75節

9.あなたがたが主に援助を歎願した時を思いなさい。その時あなたがたに答えられた。「われは、次ぎ次ぎに来る一千の天使であなたがたを助けるであろう。」

イムラーン家章
マディーナ啓示 200節

124.あなたが信者たちに言ったことを思い起せ。「主が、3千の天使を御下しになってあなたがたを助けられても、まだ充分ではないのか。

125.いやそれどころか、あなたがたが耐え忍んで、主を畏れるならばもし敵軍が急襲して来ても、主は、5千の天使であなたがたを援助されるであろう。」


●天使は人間の守護者であり、死の使い

雷電章(アッ・ラアド)
マディーナ啓示43節

11.各人には、前からも後ろからも、次から次に(天使)が付いていて、アッラーの御命令により監視している。
本当にアッラーは、人が自ら変えない限り、決して人びと(の運命)を変えられない。
だがアッラーが(一度)人びとに災難を下そうと御望みになれば、それは決して避けることは出来ない。かれらには、かれの外に守護者はないのである。

家畜章(アル・アンアーム)
マディーナ啓示 165節

61.かれは、しもべたちの上に権能をもつ方であられ、あなたがたに守護者(の天使)を遣される。死があなたがたの1人に臨む時、われが遣したもの(天使)たちは、それ(魂)を取り上げる。かれら(天使たち)は、(わが命令に)怠慢ではない。


●天使は人間の鑑定役

信者たち章(アル・ムウミヌーン)
マッカ啓示118節

113.かれらは申し上げよう。「わたしたちは一日か、一日の一部分滞在していました。勘定役(天使)に御問い下さい。」


●天使は美しいが女性ではない

星章(アン・ナジュム)
マッカ啓示62節

27.本当に来世を信じない者は、天使に女性の名を付けたりする。

28.かれらは(何の)知識もなく、臆測に従うだけである。だが真理に対しては、臆測など何も役立つ訳はない。


●天使の一日は5万年

階段章(アル・マアーリジュ)
マッカ啓示 44節

4.天使たちや聖霊(大天使ガブリエル)は、一日にして、かれの許に登る、その(一日の)長さは、5万年である。


●天使は人間の行動を記録する

眉をひそめて章(アバサ)
マッカ啓示 42節

15.書記たち(天使)の手で(記録されたもの)。

裂ける章(アル・インフィタール)
マッカ啓示 19節

10.本当にあなたがたの上には2人の看守(天使)がいるが、

11.かれらは気高い記録者で、

12.あなたがたの所行を知っている。



ラベル:コーラン
posted by pocs at 09:35| Comment(0) | 神様と天使と人間の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。