2007年06月25日

Re:創造目的を中心とした種分類が必要?

> 「そこで,空間的・時間的に異なる生物個体どうしが同種か別種かを判断するには推測に頼るしかない.
> 推測に用いられる判断材料は,(1)形態―とくに生殖にかかわる器官,(2)生態的情報,(3)人為的な交配実験の結果,などである.
> ただし交配実験によって生存力と妊性のある雑種が得られたとしても,その両親が同種であるという結論に直結するとは限らない.

> 自然状態では決して交配しない2つの「種」の間でも,人為的な実験環境下では容易に交配してしまい,妊性のある雑種が生じる例が数多く知られているからである.」


自然状態でどうか、でしょうね。

自然界の多様性は、この秩序の上に成り立っているわけですから。





ラベル:種分類
posted by pocs at 06:49| Comment(0) | 共生理論と創造目的の世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。