2007年06月09日

Re:システムバイオロジー

ホームページを見てみました。
http://www.systems-biology.org/000/002.html

「システムバイオロジーではこれら分子で構成されるシステムに注目します。システム自体は物質で構成されていますが、その本質はシステムが起こす振る舞いにあり、それは単にシステムの構成要素を列挙しただけでは理解できません。」

これはまさに授受作用のことを指していますね。


「同時に、ネットワーク構造のようなシステム構造だけが重要だと考えるのは誤りです。システムの構成要素と構造の両者が、システムの状態を決定するために必須の役割を担うのです。」

これはまさに四位基台の存在様相を指していると言えますね。

システムとして捉えると、とても原理的に整理できますね。



posted by pocs at 06:01| Comment(0) | 共生理論と創造目的の世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。