2007年02月13日

反物質は時間をさかのぼっている粒子であると考えられる

> 反粒子は時間を遡る物質なんですね。
> 物質には時間をさかのぼる性質もあるのですね。

> それにしても、未来を予知したりできるのは、この反粒子が未来からやってくるのと同じ性質によって可能なのかもしれません。

マクロの世界では、
こぼした牛乳が集まって、
コップの中に収まる映像を人に見せたら、
見た人はテープを逆回ししていると思うでしょう。
そういう現象は起こらないと人間は経験上知っています。
だから時間が逆転するような現象は
自然には起こらないと考えます。

ミクロの世界では、
直線運動(回転運動)している粒子をビデオでとって、
ビデオを逆回ししても、
進行方向(回転方向)が逆になるだけです。
そのビデオを見せられた人は、
未来から過去に向かう粒子とは考えずに、
単に逆方向に(逆回転で)進む粒子と考えますよね。

物理法則は、時間 t の代わりに、−t を式に代入しても
たいてい成り立ちますし、運動方向が逆になるぐらいで、
どちらも普通に起こりえる現象が多いです。

しかし、t を −t に置きかえて、解として矛盾なく存在するにもかかわらず、
マクロの世界から類推した経験上?から、
一般の物理学者が、解として考えることを放棄しているのではないかと思える現象があります。

それは、「内向きの球面波」です。
「外向きの球面波」と「内向きの球面波」は、
どちらも波動方程式の解としては対等です。


ファインマン物理学、電磁気学 P256:
『マクスウェル方程式はどちらの可能性も許すけれども、われわれは、―経験をもとにして― 
外向きの波の解だけが“物理的に意味がある”という付加事実を加える。
しかし、この付加した仮定から面白い結果がでることも注意しておく。
それはマクスウェル方程式の中に存在する時間に関する対称性がなくなってしまうことである。
(中略)外向きの球面波だけを考えるというわれわれの陳述は重要な付加仮定である。』





posted by pocs at 06:24| Comment(0) | 光量子仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。