2006年12月10日

光量子仮説

時空のデザイン展を見ながら改めて感じたのですが、
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2006timespace.html

物理学者たちは、エネルギーが物質を形成している、と見ているんですよね。

それで、相対的関係が先だといっても、物理学者にとっては、
それが当たり前に感じられてしまうんですね。
とても納得いたしました。

ですから、相対的関係が先だというのをもっとはっきりと、
存在が先だ、その存在はエネルギー交換の結果出てくるものではない、
エネルギーを交換するためにはまず存在がなければならない、
と言う必要があるのを感じました。

また、アインシュタインの大発見である光量子仮説は、
それまでは、光は波、すなわちエネルギー、であると考えられていたのを、
光が粒子である、すなわち存在である、ことを発見したものなんですよね。

これははっきりと言っておく必要があると思いました。





posted by pocs at 17:46| Comment(0) | 光量子仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。