2010年05月27日

Re:創造原理を再度研究

Tさんの、「二性性相の相対的関係」についての日記で述べられていた

「もし神様が万物を創造されたとするならば、なぜこのように創造されたのでしょうか?
相対的関係として調和する自然の美しさ、心から愛し合う夫婦の美しさはどれほど素晴らしいでしょう。
そこには愛の深さ・幅の広さ・永遠性をそこから感じ取ることが出来るのではないのでしょうか。」

これが究極的な答えですね。

「何故神様はこのように創造されたのか?
それは「愛」です。相対的関係を通して神様の愛の深さ・幅の広さ・永遠性がそこに表現されるでしょう。」(Tさんのコメント)


これこそが今まで人類が求め続けてきた答えだと思います。



posted by pocs at 10:51| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

Re:創造原理を再度研究

進化学では原核生物のDNAの修復を目的とした組み換えが性の起源であるとします。
(シリーズ進化学3 化学進化・細胞進化 岩波書店p.108)
https://www.amazon.co.jp/dp/4000069233/


遺伝子プールでDNAの修復をしながら子孫を残していく。
そこに自然淘汰的にみて性が有利な内容も持っているというわけです。

ただ、もともと目的論でない進化学で、このようなシステムを生物自体が作りだしたということはできず、偶然できたそのようなシステムが自然淘汰で残る内容を持ったとなると思うのです。

しかし、進化学の説明を見ていると理論に説得性を持たせるために生物自体が目的論的に進化してきたというような説明で説得する方式が取られている気がします。

結局、なぜ?と追求していけば、それらは創造目的を達成する一要素の説明を進化論側もしているに過ぎず、それがどうして進化できるのかという説明はないと感じています。

このような内容を分別しながら、相対的関係は神様の創造目的と二性性相から来ることを明確にしていく必要があると思います。



posted by pocs at 09:07| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

Re:創造原理を再度研究

Tさん、「二性性相の相対的関係」についての日記、ありがとうございます。

Tさんの内容のように、陽性と陰性と相対的関係と言うのは、一見逆のようで、それぞれが存在しなければ片方の存在の概念が成立しないほどの関係ですね。
相互補完関係という表現がされることがありますが、そのような意味でも重要です。

私は、形が逆であって合致するという以上にそれが個体を超えた共通の目的の上にペアで存在し、互いの要素を共有できる、生殖器であるなら相手のものが主人であるというようなシステムになっていることは注目すべき内容だと思います。

すなわち、それは個体を超えた創造目的を与えた絶対者から来ると考えなければ理解できない内容になっています。

個体進化の発想をすでに超えた内容があると思います。

性と言う問題は進化論でも環境対応性の強化と言う視点から扱われている問題ではありますが、統一思想はもっと本質的な内容を説いていると思います。

ここを明確にしていきたいですね。



posted by pocs at 18:27| Comment(0) | 創造目的学会の使命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする